こにしき(言葉・日本社会・教育)

関西学院大学(2016.04~)の寺沢拓敬のブログです(専門:言語社会学)。

エビデンス の検索結果:

共著が出ました。『英語教育のエビデンス』

…樹〔著〕『英語教育のエビデンス――これからの英語教育研究のために』(研究社、2021年9月) https://books.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-41105-3.html 英語教育のエビデンス: これからの英語教育研究のために作者:亘理 陽一,草薙 邦広,寺沢 拓敬,浦野 研,工藤 洋路,酒井 英樹研究社Amazon 私とエビデンス(個人的な話) 内容紹介は、出版社ウェブサイト(上記URL)にまとまっているので割愛しますが、本書の源流はと…

今後の言語政策研究に必要な論点:英語教育政策研究を事例に

…、そして、(3) 「エビデンスに基づく政策決定」論への対処である。以下、順番に説明する。 狭義の政策の記述的研究 英語教育政策の研究で、今後、とくに必要である(しかし、蓄積は遅れている)と思われるのが、狭義の政策――つまり、中央政府・地方政府が権力を(民主的に/しばしば非民主的に)用いて、共同体のメンバーに特定の行為(この場合は英語教育関連の行為)を強いること――のメカニズムに関する研究である。 言語政策研究は、公共政策研究と比して、「政策」を緩やかに定義する傾向があり(Hu…

『現代思想』2020年9月号に寄稿しました

本日発売の青土社『現代思想』2020年9月号(特集=統計学/データサイエンス)に、 「エビデンスに基づく教育」の可能性と限界 と題した文章を寄稿しました。 現代思想 2020年9月号 特集◎統計学/データサイエンス作者:小島寛之,三中信宏,赤平昌文,稲葉肇,神林博史,喜多千草,北中淳子発売日: 2020/08/27メディア: ムック

英語教育において良いエビデンスを得るためのリサーチデザイン:内的妥当性・外的妥当性(その3)

…づきです。 どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その2) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その3) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 英語教育において良いエビデンスを得るためのリサーチデザイン:内的妥当性・外的妥当性(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 英語教育にお…

英語教育において良いエビデンスを得るためのリサーチデザイン:内的妥当性・外的妥当性(その2)

…づきです。 どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その2) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その3) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 英語教育において良いエビデンスを得るためのリサーチデザイン:内的妥当性・外的妥当性(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 内的妥当性 …

英語教育において良いエビデンスを得るためのリサーチデザイン:内的妥当性・外的妥当性(その1)

…づきです。 どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その2) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その3) - こにしき(言葉・日本社会・教育) NNN章の図NNNで示したとおり、英語教育において良いエビデンスを得るには、概略的に言って、(1) 因果効果の科学的推論、(2) 処遇の定義・測…

どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その3)

…づきです。 どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その2) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 医療と教育の共通点・相違点 ここまでは、言ってみれば医療(EBM)内部での議論である。 以下より、英語教育との接点に論点を移したい。 「医療と教育は違う」 教育は医療のメタファーで頻繁に語られるが、同時に「教育は医療と違う」というフレーズも人口に膾炙し…

どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その2)

…続きです。 どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1) - こにしき(言葉・日本社会・教育) 英語教育研究との接点 では、英語教育研究がEBPPから(批判的に)学ぶには、どの論点に焦点化することが生産的だろうか。 結論から言うと、筆者は次のように考える。 エビデンスの定義は「因果効果の実証研究を格付けしたもの」とする (a-1) 主として「つくる」「つたえる」の次元を検討する (b-1/b-2) EBPP運動をとりまく社会的文脈は別稿に譲る 以上の境…

どれだけエビデンス概念を英語教育に適用できるか/できないか(その1)

…研究が、いかにして「エビデンスに基づく実践・政策」(evidence-based policy and practice, 以下EBPP)と接続(不)可能かどうかを論じる。 運動としてのEBPP EBPPの源流は1990年代の「エビデンスに基づく医療」(EBM)である。 医療従事者の経験則や勘ではなく、実証的根拠にもとづいて科学的に医療行為を選択すべきであるというのがEBMの根本思想である。 この考え方は、その後、医療の枠を超え社会政策の様々な分野に浸透した。教育分野(教育実…

『小学校英語のジレンマ』の内容のうち、どこが新しいのか?

…小学校英語の効果(+エビデンスベーストの話) 章全体が筆者のオリジナル。初出は本文参照。 第8章 「グローバル化」という論拠はどれだけ有効か 『日本人と英語の社会学』という5年前の拙著をベースにしている章なので、まったくの新規の知見というわけではありませんが、小学校英語学界では「グローバル化」という語がほとんど疑われずに「呪文」として流通しているので、本章のインパクトはそこそこあると思います。 なお、本章は、こちらの記事に加筆修正したもの。 第9章 教員をめぐる制度的・財政的…

「あとがき」に入れる予定だった小学校英語教育論ブックガイド

…臨界期に関する誤解、エビデンスの間違った解釈、導入経緯に関する勇み足の解説)が載っている場合も多いので、初学者にはおすすめしない。とくに分担執筆になっているものは(たいていは編者のコントロールが効きにくいので)注意したほうがよい。 この手の文献は、学説史の資料として読むならまだ意味があるが、「小学校英語論を学ぶ」という目的にとっては少々危うい。そもそも、この十数年で制度は大きく変わっているので、古い文献で入門する意味はあまりないだろう。 以下、古い文献は割愛し、かつ、筆者が信…

原稿の墓場。超長文。小学校英語論争

…章では、この問題を、エビデンスベースト教育政策の枠組みを使いながら検討する。 実証研究による英語熱の冷却 なお、ここで急いで付け加えれば、実証研究の結果を恣意的に引用する「不作法」は推進論者のごく一部に見られるだけである。 多くの推進者は、対象者選択の問題や否定的な研究結果に真摯に向き合ってきた。 それだけに、否定的な結果を示した研究の存在は衝撃だったはずである。 1980年代・90年代までは効果があると素朴に信じられきたがゆえに大きな高揚を見せていた早期英語熱が、実証研究の…

調査データリテラシーの発達段階

…ータの文脈もわからずエビデンス(笑)として引用するというのは、まるで小中高の自由研究である。ま、英語教育学者には小中高出身の人も多いのでむべなるかなではある。 けっこう色々な媒体で(扇情的な筆致で)やめてくれと書いているんだけど、ぜんぜんなくならない。 英語教育調査は「ゴミ」だらけ (寺沢拓敬) - 個人 - Yahoo!ニュース 先日もそういった文章を読んでしまった。しかも、英語科教育法のテキストブック。 ところで、英語教育学において、調査データを使ったポンコツな引用のツー…

ウォッシュバックエフェクト研究の分類

…は、どちらのタイプをエビデンスとして利用できるのだろうか。「改革の切り札だ」と言っている部分に焦点化すると、Category 1 とも言えるし、一方で、「教育改革」というマクロなことを言っている部分に注目すれば Category 3 と言えなくもない。上記の分類枠組みでは、「テストを変えることで社会が変わる!みたいなデカイことを言ってる研究」をきれいに分類することは苦しいようだ。 論文冒頭で紹介されている、色々な分類 それはさておき、論文の Introduction で、ウォ…

論文が出ました:言語政策研究におけるエビデンスの重要性

…次のような話です。 エビデンスの考え方はリサーチデザインの改善に貢献するよ。特に、内的妥当性と外的妥当性は重要! 次に、実際に、日本の小学校英語の効果を検証した実証研究2つをとりあげるよ!内的妥当性・外的妥当性を向上させるにはどんな工夫ができるか示すよ! 読みたいけれど読めない人は言ってください。著者専用の配布リンクをお送りします。 Abstract This paper conducts a theoretical examination of an evidence-ba…

CELESシンポジウム「英語教育におけるエビデンス」に登壇します(2018/6/23 土)

…「英語教育における『エビデンス』:評価と活用」は、内田良先生をお招きし、寺沢拓敬先生、酒井英樹先生とともにご登壇・ご議論頂きます。 https://t.co/85M8itWR7u— CELES2018静岡大会実行委員会 (@CELES_Shizuoka) 2018年5月18日 シンポジウム:英語教育における『エビデンス』:評価と活用 日時 2018年6月23日土曜日 13:00-15:00 場所 静岡大学共通教育棟(静岡市) 司会者 紺渡 弘幸(仁愛大学) 永倉 由里(常葉大…

日本の小学校英語政策の効果を検証した論文が出ました(結果は否定的)

…校英語に関する政策的エビデンス『関東甲信越英語教育学会』32号, pp. 57-70. 内容はこういう感じです。↓ リサーチクエスチョン 2000年代に小学校英語を経験した生徒は、経験していない生徒よりも発達が見られるか 調査データ ベネッセ教育総合研究所「第一回 中学校英語に関する基本調査・生徒調査」。調査時期は2009年1−2月。SSJデータアーカイブから入手した二次分析。 サンプル 全国の中学校2年生。数千名。ランダム抽出。 目的変数 (I) 英語力、(II) 異文化理…

英語教育エビデンス科研シンポジウム(3月4日@関学梅田C)

…3月4日に、英語教育エビデンス科研主催の2017年度成果報告研究会・シンポジウムを、関西学院大学大阪梅田キャンパスにて開催します。皆様の参加をお待ちしております。 基本情報 日時: 3 月 4 日(日) 11:00-17:00 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス1002室 参加費: 無料 参加申込・問合せ: 専用フォーム https://goo.gl/forms/6ArgwObrR8TGSG1B3 にお名前とご所属、連絡可能なメールアドレスを記載の上、お申し込み下さい。 …

『英語教育』11月号で「エビデンスへの過剰な期待、過剰な敵視」というコラムを執筆しました。

大修館『英語教育』11月号の「英語教育時評」において、「エビデンスへの過剰な期待、過剰な敵視」というコラムを執筆しました。

シンポジウム「英語教育実践・政策におけるエビデンス」に登壇します。

…育実践・政策におけるエビデンス」にパネリストとして登壇します。 詳細 第23回日英・英語教育学会研究大会(THE 23RD JABAET CONFERENCE) 日時:2017年9月24日(日) 会場:大妻女子大学千代田キャンパス 詳細:https://jabaet.wordpress.com/2017/06/15/23rd-jabaet-conference/ 私の提案要旨を掲載しておきます。 提案要旨 エビデンスベーストアプローチは、意思決定のためにエンピリカルデータの質…

CELES課題別研究プロジェクト発表③ 英語教育における「エビデンス」:評価と活用

… 英語教育における「エビデンス」:評価と活用 以下、2つ目について、寺沢担当の報告内容を以下に記します。(1つめについてはこちら) 発表スライド https://www.slideshare.net/tterasawa/2017-77238088 タイトル 因果効果を推定するとはどういうことか:小学校英語を事例として 要旨 本報告では,まず EBM 等の用法に準拠して「エビデンス」を「因果効果」と定義する。それを踏まえ,特定の教育プログラム(処遇)が学習者の学力向上(結果)に…

CELES学会発表6月24日「小学校英語学習経験の中期的効果:エビデンスベーストアプローチに基いて

… 英語教育における「エビデンス」:評価と活用 以下、1つめの発表について。 当日の発表スライド https://www.slideshare.net/tterasawa/ss-77657179 以前から言っていますが、小学校英語推進派の行う「小学校英語の効果の研究」はほとんどが政策効果を検証するための最低限の要件を満たしていません。小学校英語推進派には政策研究関連のトレーニングを少しでも受けた人はほとんどいないので無理もないことですが。私はいわゆる反対派ですが、政策研究のこと…

エビデンスと僕

僕は「エビデンスベースト」という考え方が大好きである。 最近はそっち系の研究もしているし、実際、いままさにその論文も書いている*1。 例:Evidence-Based Education Policyと日本の英語教育学 ただ、よく誤解されるので(勝手に)はっきりさせておきたい。僕がこの考え方が好きなのは、「科学的に教育を考えたい」という動機ではまったくない。 そうではなくて、メソドロジーとかリサーチデザインの話そのものが好きだからである。 エビデンスベーストの優等生、エビデン…

応用言語学とエビデンスベースト:イギリスしんどい&根拠に基づく教室実践

…スで猛威を奮っているエビデンスベースト型の政策決定を批判的に紹介しうえで、 (b) 応用言語学はどういう感じでエビデンスベースト教室実践に貢献できるか という点。 UKエビデンスベースト、悲惨 前半 (a) を読むと、「イギリス大変だなあ」という気持ちがあらためて強くなる。UKでは、エビデンスベースト教育政策の極端なバージョン――つまり、エビデンスに基づいて「予算配分」を決定する制度――が行われていて、これはかなり悲惨なことになってるなあというのがよくわかる。合意可能性が低い…

2016年にしたこと

…サーチマップ参照)。エビデンスベースト関連の話なので、これも2015年の貯金。 メソドロジーのワークショップの講師も依頼された。 LET2016 ワークショップ 「外国語学習・教育・授業の 研究「方法論」入門 ―量的研究と非量的研究―」 正直、各メソッドの細かいハウツーの話にはあまり興味はないのだが、メソドロジー(methods の認識論的/実務的使い分け)の話は大好きなので、楽しめた。夏休み前半はこの準備のためにいろいろメソドロジーの本を読んで、勉強にはなったんだが、逃避の…

「教育 神経神話を問い直す」(『脳神経科学リテラシー』所収)

…合、そこで神経科学的エビデンスを求めるのは明らかに「冗長」ということになるだろう。 冗長さはリソースの浪費 必然性のない脳科学的エビデンスの使用/流用は単に無駄なだけでそれ自体は善悪とは無関係である。しかし、著者は、こうした冗長さが教育研究リソースの配分という問題に結びつく場合には、大きな弊害を引き起こしかねないと指摘している。以下、引用。 教育にかんする科学的な情報源として脳神経科学だけが注目されることで、教育や発達についてすでに長い研究の歴史がある、心理学や認知科学などの…

英語教育学におけるエビデンスの格付け

…的 英語教育学独自のエビデンスの格付けを行う。 背景 エビデンス階層 「エビデンスの格付け」とは要は「エビデンス階層」のことである。ただ、残念なことに、「〜階層」という言葉に対して誤解に基づいた批判をする研究者もいるので(まあ、基本書を読んでないからだと思うが)、この用語を使わず別の言葉で言い換えて乗り切る(こういう戦略は短期的には有効)。 格付け基準は「ヨソから借りてくればOK」という代物ではない EBMにおいても分野によって格付けの仕方は異なる。有名なオックスフォード大学…

論文ログ:中国における小学校英語推進の背景(Hu, 2007)

…策文書に登場しているエビデンスは、SLA研究の結果ではなく、出所不明な都市伝説("Experience shows that the optimal age to learn a foreign language is around eight")。 3) 小学校英語を開始する上での準備が不十分 4) 政策の不平等な運用 段階的導入に学校差・地域差があったため、家庭の社会経済的格差が、子どもの英語教育機会格差に直接的につながってしまった。そして、その帰結として、中学校では英語…

2015年のアウトリーチ活動

…の実態を正確に把握しエビデンスに基づいた教育を」 詳細: 小学校英語とエビデンス(『総合教育技術』6月号) - こにしき(言葉、日本社会、教育) 6月. 朝日カルチャースクール 寺沢拓敬(2015). 「戦後70年の軌跡: 日本人にとって英語とはなにか」2015年6月27日、朝日カルチャーセンター新宿教室詳細https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/55ef9bbf-b673-68b4-50f4-54d167adb86b 9月. …

「エビデンス」という言葉は専門用語

…/医療関係者が言う「エビデンス」は専門用語化してるものなので、単なる「証拠/根拠」という意味で横文字使ってるわけではない https://twitter.com/y_tambe/status/649729604312141824 まったくその通りで、これで(納得するひとならば)だいたい終了である。問題は納得しない人(あるいは納得せずに日常語の意味にひきずられたまま批判を続けてしまう人)がいることである。 「エビデンス」用法の特殊性は以下のスライドの7〜10枚目を参照。 英語教…